« ベンベニーゴ | トップページ | NEXT αDigitalは? »

まもなく発売?α-7Digital

alpha7_kansei

各写真・カメラ誌にα-7D・ベータ機のレビューが続々と載り出しました。

やはり、Anti-Shake(CCDシフト方式手ブレ補正機能)の評価に重きが置かれています。
各誌で見る限り効果は絶大なようです。他社のレンズ内蔵手ブレ補正と同等か、それ以上の効果は確保されているようです。そんな手ブレ補正がどのレンズでも使えるのは、本当に魅力だと思います。

手ブレ補正は他社ももちろん開発しているようで、近い将来は現在のAFと同じく搭載されて当然の機能となっていることが予想されます。
果たして、従来からあるレンズ内蔵型が主流となるのか、あるいはコニカミノルタが新たに開発したボディ内蔵が主流となるのか・・・。今後のペンタックスやオリンパスなど、手ブレ補正機能をまだ搭載していないメーカーの動きが注目されます。特にペンタックスは、某雑誌のインタビューによると、開発真っ最中だそうです。

これまでWeb上に公開されてきたα-7Dのサンプルを見ると、絵作り(特に色合い)は個人的にかなり好みと言えるものでした。
各誌に掲載されている作例写真を見てやっぱりイイなと感じました。リバーサルと比べてもそれほど遜色のない絵が出せていると思います。銀塩一眼レフから乗り換えるユーザーを意識して作った、とメーカー自身が明言しているわけですが、これだけの絵が出せれば銀塩派も納得できるかもしれません。

α-7Dの販売価格も多くの店で発表されつつあります。結構バラツキがあり、EOS 20Dと同等な価格を提示している店もあるようですね。発売後、どのように値が動いていくのでしょうか。

|

« ベンベニーゴ | トップページ | NEXT αDigitalは? »

「デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123286/5003441

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく発売?α-7Digital:

« ベンベニーゴ | トップページ | NEXT αDigitalは? »