« α-7DIGITAL-操作性は?- | トップページ | α-7DIGITAL-効果アリ!Anti-Shake- »

α-7DIGITAL-露出アンダー?-

s-1128-2

■α-7DIGITAL AF24-105mm F3.5-4.5(D)

α-7Dの露出についてネット上で「アンダー傾向」だと指摘されています。プロカメラマンでも指摘されている方がいます。まだそれほど多くの条件で撮影している訳ではないのですが、確かに特定の条件になると「ガクッ」とアンダーになる感じはしています。最初の記事で「使いこなすにはもう少し時間がかかる」と書いたのは、その露出の癖もあります。

コニカミノルタによると、7Dはα-7のプログラムをベースにして「ハイライト側に転ばないように修正」をしたそうです。具体的には「よりオーバーを嫌う傾向」にということだそうです。(α-7デジタルのすべて・アサヒカメラ編より)よってアンダーになるのは何かのバグといことはなく、そういう意図があっての事、ということです。

あくまでも素人考えですが、α-7の露出プログラムをそのまま流用しても良かったのでは?と思います。白飛びを防ぎたいなら、それはユーザー自身がマイナス補正をすれば良い訳で・・・。撮影者の意図をよりストレートに反映させる、というのが最近のαシステムの考え方であると思います。例えば内蔵フラッシュを他社のように自動ポップアップさせないというのも、その思想が現れた一端と言えます。(個人的には自動ポップアップはキラいです)そう考えると「白飛びを防ぐためにアンダーに修正した」というコニカミノルタの「配慮」はちょっとばかり余計だったかもしれません。いずれにせよ発売間もないカメラですし(11/19発売)、私もそれほど沢山撮っていませんので、あまり断定的なことは言えませんね。

|

« α-7DIGITAL-操作性は?- | トップページ | α-7DIGITAL-効果アリ!Anti-Shake- »

「デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123286/5003445

この記事へのトラックバック一覧です: α-7DIGITAL-露出アンダー?-:

« α-7DIGITAL-操作性は?- | トップページ | α-7DIGITAL-効果アリ!Anti-Shake- »