« シグマDCレンズにαマウント登場! | トップページ | PENTAX OptioS »

Canon PowerShotA10

s-0125

s-0125-2

■共通データ:Canon PowerShot A10

私がこれまで使ってきたデジタルカメラを紹介する第二弾は、キヤノンのPowerShotA10です。
今は職場に置いてあり、主に仕事関連の記録用に使用しています。

発売は2001年6月。132万画素CCDを搭載。レンズは35mm換算で35mm-105mm。このカメラの良さは何と言っても写りの良さでしょう。このカメラには、キヤノンお得意の画像処理エンジン「DIGIC」はまだ搭載されていませんが、絵作りの方向は今のキヤノンのコンパクトデジカメと近く、一貫した方向性で安定した絵作りという点でキヤノンの技術力の高さを感じさせます。特徴としては自然色というよりは記憶色に近い色鮮やかな発色、そして非常に低ノイズで滑らか。ホワイトバランスも優秀で濁りの感じられないスッキリした写りです。操作性、AFのスピード、電池の持ちなどはこの時代のデジカメとしては平均レベル。当然現行機種と比べてしまうと劣りますが、写りに関しては今も通用するレベルと言えます。

ちなみに、A10と同時にA20というカメラも発売されました。こちらは211万画素であるという点と、カラーリングが異なる以外はほぼ同じスペックのカメラでした。

◎次回はコンパクトでいつも携帯しているPENTAX OptioSを紹介します!

|

« シグマDCレンズにαマウント登場! | トップページ | PENTAX OptioS »

「デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123286/5003455

この記事へのトラックバック一覧です: Canon PowerShotA10:

« シグマDCレンズにαマウント登場! | トップページ | PENTAX OptioS »