« KM DiMAGE Z1 | トップページ | DiMAGE Z3 »

α-7Dファームアップ

α-7DIGITALのファームが更新されました。なかなか大幅な改善がなされていて、特に大きい改善として「一番の欠点」とも言われていたCFカードへの書き込み速度が大幅(数倍程度)にアップしました。私自身は連射が必要となる被写体はあまり撮らないので、速度への不満はそれほど感じていませんでしたが、アップにより再生や起動時等、CFへのアクセスを必要とする動作全般がキビキビ動くようになりました。(一部プラシーボ効果もあると思います・笑)

さらに再生周りも多少手が加えられています。アフタービューをヒストグラム表示にした場合に、"白飛び黒つぶれ"表示が加わったのは非常に良いです。ヒストグラムでも"白飛び黒つぶれ"は分かりますが、具体的にどこが飛ぶのかを知りたいわけです。こういった部分の使い勝手について真面目に考えてくれるのはミノルタらしいな、と思います。

残念なのは、AFの速度・精度の向上が今回の更新では入っていない点です。はっきり言って7DのAFは銀塩α7に劣ります。今まで「スッ」と合っていたはずの条件で全然合ってくれない・・・。もしファームで直せるのであれば何とかして欲しいと思います。ファインダーの見えが非常に良く、MFも難なく出来るのが救いでしょうか。

さてさて、アメリカでは毎年恒例のPMAが始まりましたが、多くのαユーザー(特に7Dユーザー)が待っていたであろうデジタル向けの新レンズ(使いやすい焦点距離)は発表されていません。現在のレンズラインナップでは完全に不足であり、コニカミノルタもそれを認めているようですが、今回は間に合わなかったのでしょうか・・・。デジタル一眼への参入によって、業績は幾らか改善したそうですし、新レンズも早く発表して欲しいものです。

|

« KM DiMAGE Z1 | トップページ | DiMAGE Z3 »

「デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123286/5003458

この記事へのトラックバック一覧です: α-7Dファームアップ:

« KM DiMAGE Z1 | トップページ | DiMAGE Z3 »