« PENTAX OptioS | トップページ | α-7Dファームアップ »

KM DiMAGE Z1

s-0215-2

s-0215-1

■コニカミノルタDiMAGE Z1

OptioSに続いて登場するのはコニカミノルタ DiMAGE Z1です。発売は2003年10月でした。有効画素数320万画素。DiMAGE Zシリーズとしては記念すべき初号機です。ちなみに「Z」はこのシリーズの特徴である「ZOOM」から来ているそうです。(Z1のFAQにて知りました)

焦点距離は35mm換算で38~380mmとかなり高倍率。しかし、手ブレ補正は搭載されていませんのでテレ側では手ブレに要注意となります。デザインはかなり独創的なもので、好き嫌いがハッキリ分かれます。もうちょっとおとなしいデザインでも良かったと思うのですが、手にしたときのホールディング性、しっくりと手になじむ感じは大変好ましいです。写りの特徴としては発色が鮮やか目。被写体によっては多少彩度強調がキツく感じることもあります。ヌケは悪くなくそこそこコントラストも高め、万人受けするチューニングと言えます。レンズがあまりよろしくないのか、条件によっては色収差が目立つことがあります。

Z1の特徴の一つに「スイッチファンイダー」があります。これは「背面液晶モニターをカメラ内部で稼動、液晶モニターに表示されるライブビュー画像を内部ミラーで反射させ、電子ビューファインダーに投影(公式サイトより)」というもので、切り替えレバーを操作すると「ガシャッ」と言うデジタル機器らしからぬ動作音と共に、液晶モニターがスウィングします。なかなか面白い発想ですが、私のZ1では時々うまく動作しないことがありました。なお、この機構はZ2では引き継がれましたが、Z3以降は採用されていません。やはりトラブルが多かったのかもしれません。

Z1を使っていて常々これに手ブレ補正がついたら良いのになぁと思っていたところに、Anti-Shake搭載のZ3が登場しました。と、言うわけで次回はZ3について。

|

« PENTAX OptioS | トップページ | α-7Dファームアップ »

「デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123286/5003457

この記事へのトラックバック一覧です: KM DiMAGE Z1:

« PENTAX OptioS | トップページ | α-7Dファームアップ »