« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

SONYの出井さん

8月号のアサヒカメラの連載記事、「あの有名人のお宝カメラ」でSONYの出井伸之氏のインタビューが掲載されていました。初めて知ったのですが、出井氏は相当の写真好き。早稲田在学中は写真部に所属していて、写真の道に進むことも考えていたとのこと。愛用しているというフジTX-1で撮影された写真が5枚掲載されていますが、どれも素晴らしい作品です。

出井氏は、銀塩の良さは“コントラスト”であり、デジカメはまだ追い付けていない、銀塩のコントラストを開発の目標にしている、と言っています。フィルムメーカーが目指しそうな目標を、あのSONYが持っているということは少し驚きです。

コニカミノルタがSONYと提携してデジタル一眼レフを開発するというちょっとした衝撃的なニュースに、やはり一部のユーザーは懸念を示しています。私もその一人に入るかもしれませんが、経営のトップである出井氏が写真好きであるということで少し安心しました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニカミノルタ+SONY

ソニー、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラに参入~コニカミノルタと共同開発
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/07/19/1947.html

【解説】コニカミノルタとソニー、デジタル一眼レフ共同開発の狙いと背景
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/07/19/1950.html

何ともショッキングなニュースです。というわけで図らずも本日2回目の記事投稿です。αSweetDの発表は「想定の範囲内の」発表で大きな驚きはありませんでしたが、こちらは驚きました。エイプリルフールだっけ、と一瞬考えてしまうほどです。

家電メーカーとの共同開発と言えば、松下とオリンパスも共同開発真っ最中だと思います。しかしオリンパスは新マウント(フォーサーズ)であり、また、メーカーとしてしばらく一眼レフからは離れていたこともあり、個人的には「ふ~ん」程度でした。しかし、今回違うのはαマウントをそのままに他社が参入するということです。なんせ、軍艦部にSONYと刻印された一眼レフが発売され、そしてそれはαマウントなのです!135mmSTFでとろけるようなボケ味が堪能出来てしまうのです。SONYのカメラで・・・。

と、素直に喜びたい反面、家電メーカーが一眼レフを発売するということに抵抗というか違和感を感じてしまうのは、単に私が頭の堅いカメヲタだからでしょうか。(笑)もちろん製品としてSONYやPanasonicのデジカメがカメラメーカーと比べて著しく悪いということはないワケですが、「所詮は家電メーカーでしょ」というような先入観があります・・・。でも最近量販店店頭で目が行くのは家電メーカーのカメラが多いという事実。

一体、どんなカメラが完成するのでしょうか。期待して発表を待ちたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにα-7+リバーサル

tsuna

綱木の稲虫送り■α-7 AF24-105mm コダックE100GX

久しぶりにα-7+リバーサルフィルムで撮影をしました。写真は阿賀町(旧三川村)の綱木(つなぎ)集落で毎年行われている伝統行事「稲虫送り」の様子。仕事の合間に片手間撮影しましたのでシャッターチャンスは明らかにズレています。子供達が疲れ切っているように見えるますね。(笑)

で、久しぶりのα-7はやっぱり快適そのもの。AFも7Dより早いし力強い。そしてシャッター音とフィルム給送音がとても心地よく軽快に撮影できます。動作感に関して個人的には7>>>7Dだと思います。これは7を使ったことのない7Dユーザーの方は、一度体感して欲しいです。あ、もちろんファインダーも7Dよりグッと大きいですよ。まぁそれはAPS-Cサイズの撮影素子である以上、難しいところですが。でもクリア感、透明感は7Dのほうが少し上のような感じもしますが、7、7Dユーザーの皆様どうでしょうか。

今回使用したフィルムはコダックE100GX。ダイナがアマチュア向けとするなら、Eシリーズはプロ向けの製品になります。GXの特徴は、ニュートラルな発色ながら、わずかに暖色系というモノ。じゃあニュートラルじゃないじゃないかと言いたいですが、実際使うと非常にニュートラルに感じるんですね。ただE100Gと見比べるとわずかに暖色系にシフトされているようです。そこら辺は写真雑誌の受け売りですが。発色はとても良いと思います。風景もいけるし人物もいけます。食べ物もかなりいけます。オールマイティです。フィルムスキャンもし易いと感じてます。

ところで、話は変わってこの「稲虫送り」。稲に付く虫を追い払って五穀豊穣を祈る祭りですが、絵的にもかなり美味しいです。しかし、なぜかカメラマンはほとんどいません。関係者、報道関係のカメラマンはいますが、いわゆる「祭りならどこでも行きまっせ」的な人達(失礼な言い方をすれば「カメ爺」)がまったくいないのです。地域外に対してはPRをあまりしていないからと思いますが、これからもこのままであって欲しいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿賀野川フォトコン

aga

「新緑のステージ」 ■α-7DIGITAL タムロンAF28-75mmF2.8XR

以前もアップしましたが、この阿賀野川の写真(撮影地:阿賀野市・水原)が阿賀野川フォトコンテストのデジタル部門で入選しました。というわけで、表彰式に初めて受賞者の立場で参加してきます。(笑)

ところで、この手のフォトコンテストは、応募時はプリントのみで受け付け、入選した場合は主催者にネガやポジを提出するケースが多いようです。デジタルの場合は当然画像データそのものを提出、ということになります。理屈としては分かるのですが、データそのものを提出するのは多少の心配があります。

今回応募したプリントはインクジェットで出力したものですが、納得のいく色が出るまで調整→プリントを繰り返しました。恐らく数十枚はプリントしたのではないかと思います。特に新緑の写真はくすんだ色では魅力半減どころか魅力ゼロになる危険がありますので、なおのこと色合いには注意しました。しかしデータを渡しますと、そのデータをそのまま印刷に使用するわけで、そうすると果たしてどんな色で印刷されるのか想像が付きません。応募したプリントを色見本として印刷してくれれば良いのですが、そこまではやってくれない気がします。まぁそこまでこだわるほどの作品じゃないだろ、と言われば返す言葉がありませんが....。もちろん喜んでデータはCD-Rに焼いてきっちりお渡しします!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

niftyへ移転・・・

以前MovableTypeを設置していたwakwakを解約するのでniftyのほうにブログを移行しました。テキストの移行は書き出し→読み込みで意外と簡単でした。ただ、貼り付けている画像が問題で、コンテンツ部分の横幅がココログのベーシックプランでは変更出来ないので、画像サイズを今までより一回り小さくする必要がありました。何とかすべて長辺400pxに修正して一つずつ変更を掛けていきました。

というわけで、今日からリニューアルスタートです!週1くらいで更新出来ればなぁ・・・と思ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »