« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

表紙に採用されました!

一応最初に断っておきますが、今回のエントリーはちょっとした「自慢」です。最初から認めちゃいます。(笑)悪しからず・・・。

国土交通省阿賀野川河川事務所が発行する阿賀野川の情報誌、「AGAZINE(アガジン)」の2006年春号表紙に、私の撮影した写真が採用されました。

Imgp2673_2

2005年7月17日のエントリーでも書きましたが、この写真は昨年の「阿賀野川写真コンテスト」デジタル部門で入選した作品です。タイトルが入れやすいこともあってか、今年の写真コンテストのチラシにも使われたり、何かと活用して頂いています。やっぱり私のような素人にとって、自分の作品がこうして印刷物に使われるのはうれしいことです。阿賀野川河川事務所様、ありがとうございます。ガシガシ活用して下さい。

今回のAGZINEの表紙、新緑の色合いがよく出ていて良かったです。Silkypixで何度も何度も現像をやりなおした甲斐ががありました。新緑は本当に色合いが命ですから・・・。

図らずも今日5月31日は、今年の「阿賀野川写真コンテスト」の締め切り日です。今年は満足に阿賀野川の写真が撮れずに結局応募出来ませんでした・・・。がっくり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SONYα

Pict1769
α-7DIGITAL

ソニーがαを発表しましたね。(話題古っ
まさかそのまま"α"で来るとは思っていなかったのでビックリではあります。どんなカメラを出してくれるんでしょうか?αユーザーとしては、やはり気になります。

レンズは初年度で20本以上出すという強気発言が注目されています。別にタムロンOEMでも良いんです、タムロン製でコーティングだけツァイスでも良いんです、きちんと写ってまともな操作性があれば良いのです。コニミノユーザーにとっては、αマウントのレンズが年間で20本以上出ます、というだけでもう信じられないような思いなのです。(笑)コニミノがα-7DIGITALでデジタル一眼に参入してから撤退するまで、一体何本の新レンズを出したでしょうか。

この20本のレンズには「旧αレンズの焼き直し」、「タムロンOEMレンズの焼き直し」、「新規設計のレンズ」の3タイプがあるものと思われます。やはり期待するべきは新規設計のレンズでしょう。ソニーにはコニミノからレンズ設計者も移籍したようですし、「コニミノっぽい」レンズがソニーから出てくれたら言うことありません。コニミノっぽいとは、すなわちレンズの"持ち味"を大事にしたレンズであることは言うまでもありません。

さて、コニミノの技術者が大量にソニーに移籍したとは言っても、これから出てくるカメラはαと名前は付いていても、あくまでもソニーのカメラです。コニミノのカメラの良いところだけを引き継いで、他はもうソニーの自由に作っちゃってください!コニミノのロゴをソニーに変えただけのカメラなんて正直見たくないのです。

なんか今回のエントリーは支離滅裂になってしまいました。もう頭の中がグルグルでして、まとまりません・・・。結局ソニーのαに期待してるのか?私は。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »