« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

Vividはかなり鮮やか

P7051097 

E-410の色調設定にはデフォルト設定のNatural、鮮やか目のVivid、彩度低めのFlatの3種類があります。前回のエントリー、そして今回のエントリーの写真もすべてVividです。ご覧の通りなかなかの高彩度です。これ以上彩度が高いとちょっと使いにくいなぁと感じるギリギリのところで止めているところがさすがです。NaturalとVividの彩度差は結構大きいように感じています。

多少気になるのはAWBの不安定さ。大きく外してしまうという不安定さではなく、同条件下で撮影した場合のバラつきが大きいのです。ちょっと過敏に反応しずきるのでしょうか?アングルを変えただけでコロッと変わってしまうようでは、使いづらいものがあります。よってプリセットWBを多用することになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリンパス E-410導入

P7051076

ぼちぼち更新を再開しようかと思いきや、結局2ヶ月経ってしまいました。色々とバタバタとしてまして・・・。まぁそのバタバタはまだしばらく続くのですが。

さて、そんな中で6月末に新しいカメラを導入しました。そいつがオリンパスE-410。と、いうわけで、これからしばらくE-410ネタで引っ張っていこうかと思います。

なぜ今回E-410なんて縁もゆかりもないようなカメラを買ったかと言いますと、実は7月の上旬に某カナダという国へ旅に行っておりまして、その旅行用に買ったワケです。導入した最大の要因は何と言ってもデジタル一眼レフとしては現状では「最小最軽量ボディ」ということ。とにかくその一点だけで購入を決めたと言っても間違いありません。

本当に小さくて軽いです。カナダではカメラバッグではなく普通のショルダーバッグに突っ込んで移動していましたが、カメラの重さを感じることが全然ない!α-7D持ってこなくて良かったとホントに思いました。デジタル一眼レフを持っているという感覚よりも、DiMAGE A200のような(少々古い機種ですが・笑)ハイエンドコンパクト機を持っている時の感覚に近いです。それでいて一眼レフですから、コンパクト機とはレスポンスが全然違うわけで、やっぱり小さい一眼レフっていいなぁ、、と思った次第です。

P7050996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »