« 2008年9月 | トップページ

カメラとしてのiPhone

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年のエントリー数を数えてみたところわずか7エントリー。もはや年別アーカイブ表示にしたほうがいいんじゃないかと・・・。ここで更新しておかないと、今年2009年は一度も更新しないまま終わってしまうのではと思い、ここで更新したいと思います。

実は数ヶ月前からずっとブログに書こうと思っていたネタなのですが、新年1発目のエントリーは「カメラとしてのiPhone」というテーマにて。さて、写真好きにとって携帯のカメラなんてモノは、「メモ機能」としか捉えられていない場合が多いと思います。私も携帯のカメラはほとんど使っていませんでした。

それが、携帯をiPhoneに替えてからと言うもの、やたらと撮るようになりました。iPhoneのカメラはどこが良いのかというと・・・・

1)「写真を撮る」という機能だけの潔さ

ホント機能というような機能は何もないのです。サイズ設定も画質設定も明るさ調整もホワイトバランスも何もありません。最初は軽くショックを受けましたが、このシンプルさがとても良いのです。もちろんフォーカスという概念も存在しません。

2)ホワイトバランスが好み

ホワイトバランス調整機能なんてものは当然のように搭載されていないワケですが、オートホワイトバランスはもちろんあり、これが結構良いのです。暖色傾向で、暖かみのある絵が撮れます。

3)食べ物を撮るとなんか美味しそうに見える

何気に結構美味しそうに撮れます。色味が暖色傾向なのもプラスに作用しています。

4)写真関係のアプリたくさんある

カメラ自体は非常にシンプルですが、写真関係のアプリが非常にたくさん提供されています。写真をトイカメラ風、ポラロイド風に加工するアプリや、レベル調整などが搭載された高性能レタッチアプリなど、ホントたくさんあります。

そんなウンチクはさておき、大した写真じゃないですが、iPhoneで撮影した写真を何枚か掲載しておきます。

Img_0285

先日登場したばかりのPolarizeというアプリでポラロイド風に加工してみました。なかなかそれっぽい。ちなみに日本海。遠くに見えるのは佐渡島です。

Img_0283

Polarizeがなかなか良いのでもう一枚。元旦の車内。いつもは満員電車もこの通り・・・。

Img_0096

HiConというアプリで加工。バージョンアップでダメアプリになってしまったのが残念。。。

Img_0126

同じくHiConにて加工した写真。この硬調具合は非常にセンスがある。最初のバージョンに戻したい・・・。

Img_0273

食べ物が美味しく撮れる(ような気がする)作例(ラーメン編)

Img_0009

食べ物が美味しく撮れる(ような気がする)作例(マーボー飯編)

Img_0275

 

冒頭のポラロイド風写真の元写真がこれ。基本的に無限遠はピンポケです。(笑)人物撮影に最適化されたピント位置みたいです。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ