カメラとしてのiPhone

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年のエントリー数を数えてみたところわずか7エントリー。もはや年別アーカイブ表示にしたほうがいいんじゃないかと・・・。ここで更新しておかないと、今年2009年は一度も更新しないまま終わってしまうのではと思い、ここで更新したいと思います。

実は数ヶ月前からずっとブログに書こうと思っていたネタなのですが、新年1発目のエントリーは「カメラとしてのiPhone」というテーマにて。さて、写真好きにとって携帯のカメラなんてモノは、「メモ機能」としか捉えられていない場合が多いと思います。私も携帯のカメラはほとんど使っていませんでした。

それが、携帯をiPhoneに替えてからと言うもの、やたらと撮るようになりました。iPhoneのカメラはどこが良いのかというと・・・・

1)「写真を撮る」という機能だけの潔さ

ホント機能というような機能は何もないのです。サイズ設定も画質設定も明るさ調整もホワイトバランスも何もありません。最初は軽くショックを受けましたが、このシンプルさがとても良いのです。もちろんフォーカスという概念も存在しません。

2)ホワイトバランスが好み

ホワイトバランス調整機能なんてものは当然のように搭載されていないワケですが、オートホワイトバランスはもちろんあり、これが結構良いのです。暖色傾向で、暖かみのある絵が撮れます。

3)食べ物を撮るとなんか美味しそうに見える

何気に結構美味しそうに撮れます。色味が暖色傾向なのもプラスに作用しています。

4)写真関係のアプリたくさんある

カメラ自体は非常にシンプルですが、写真関係のアプリが非常にたくさん提供されています。写真をトイカメラ風、ポラロイド風に加工するアプリや、レベル調整などが搭載された高性能レタッチアプリなど、ホントたくさんあります。

そんなウンチクはさておき、大した写真じゃないですが、iPhoneで撮影した写真を何枚か掲載しておきます。

Img_0285

先日登場したばかりのPolarizeというアプリでポラロイド風に加工してみました。なかなかそれっぽい。ちなみに日本海。遠くに見えるのは佐渡島です。

Img_0283

Polarizeがなかなか良いのでもう一枚。元旦の車内。いつもは満員電車もこの通り・・・。

Img_0096

HiConというアプリで加工。バージョンアップでダメアプリになってしまったのが残念。。。

Img_0126

同じくHiConにて加工した写真。この硬調具合は非常にセンスがある。最初のバージョンに戻したい・・・。

Img_0273

食べ物が美味しく撮れる(ような気がする)作例(ラーメン編)

Img_0009

食べ物が美味しく撮れる(ような気がする)作例(マーボー飯編)

Img_0275

 

冒頭のポラロイド風写真の元写真がこれ。基本的に無限遠はピンポケです。(笑)人物撮影に最適化されたピント位置みたいです。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

久しぶりに海へ

久しぶりに海へ行ってみました。初めて行った新潟市の「島見浜」という海岸。小針浜や関屋浜とはまた違う、ちょっと荒涼とした何とも魅力ある海岸でした。

今回のカットはすべてα-7DIGITAL+シグマ17-70mm。このレンズ、なかなか性能が良くて使いやすいです。

今回は、RAWで撮影しSILKYPIX 3.0 Betaで現像してみました。2.0が出たばかりのような気がしていましたが、もう3.0。相変わらずすごいペースで開発が進んでいます。機能もドカドカと追加されています。シャープネス関係の機能も格段と良くなってきました。

Pict3367silky_1

Pict3382silky_1

Pict3380silky_1

Pict3351silky_1

Pict3384silky_1

Pict3356silky_1

Pict3358silky

Pict3373silky

| | コメント (1) | トラックバック (0)

表紙に採用されました!

一応最初に断っておきますが、今回のエントリーはちょっとした「自慢」です。最初から認めちゃいます。(笑)悪しからず・・・。

国土交通省阿賀野川河川事務所が発行する阿賀野川の情報誌、「AGAZINE(アガジン)」の2006年春号表紙に、私の撮影した写真が採用されました。

Imgp2673_2

2005年7月17日のエントリーでも書きましたが、この写真は昨年の「阿賀野川写真コンテスト」デジタル部門で入選した作品です。タイトルが入れやすいこともあってか、今年の写真コンテストのチラシにも使われたり、何かと活用して頂いています。やっぱり私のような素人にとって、自分の作品がこうして印刷物に使われるのはうれしいことです。阿賀野川河川事務所様、ありがとうございます。ガシガシ活用して下さい。

今回のAGZINEの表紙、新緑の色合いがよく出ていて良かったです。Silkypixで何度も何度も現像をやりなおした甲斐ががありました。新緑は本当に色合いが命ですから・・・。

図らずも今日5月31日は、今年の「阿賀野川写真コンテスト」の締め切り日です。今年は満足に阿賀野川の写真が撮れずに結局応募出来ませんでした・・・。がっくり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月の撮影枚数は・・・

1年間で最も撮影枚数が少なくなる月、写真を趣味としている人ならそれぞれにあると思うのですが、私の場合はどうも1月のようです。先月、結局α-7Dでは1枚も撮影しませんでした・・・。昨年の1月の撮影画像を見返してみると、7Dの購入直後にもかかわらず撮影枚数はわずか数枚程度、しかもテスト撮影みたいなものばかりという悲惨な状態・・・。

なぜ1月がそんなに極端に少ないのかと考えてみると、仕事が落ち着かず撮影する余裕がないというのも理由ですが、やはり寒くて外に出たくない、というのが最大の理由な気がします。(笑)ま、ただの怠け者なんですね。我ながら呆れます。

R0010640

■GR DIGITAL ISO64、1/380 sec、F4.0

今回の写真はおなじみ?阿賀野川。撮影地点は新潟県東蒲原郡阿賀町(旧三川村)三川温泉スキー場近く。撮影に行ったわけではなく、仕事の移動中に停車して撮影したものです。

どうもこのカット、左側の描写が甘いんですよね・・・軽い片ボケ状態?まぁいいや。気づかなかったことにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さよならコニカミノルタ

PICT0157

■コニカミノルタ DiMAGE Z3

コニカミノルタの写真事業撤退が発表されました。

同社の最近の発表からは、早く撤退したいという思いがヒシヒシと伝わってきていたわけですが、まさかこんなに早く撤退を発表するとは思ってもいませんでした。コニカもミノルタもどちらもカメラ・写真からスタートした会社です。こんなにあっさりと捨ててしまって良いのでしょうか。

で、αユーザーが途方に暮れてしまわないように、ということでαマウントのカメラはソニーが引き継ぐことになり、コニカミノルタのカメラ開発の技術者も、多くがソニーに移籍するとか。ネット上で妄想のように書き込まれていたことが本当になる時代なんですね・・・。旧ミノルタがキヤノンやニコンと並んでシェアを獲得していた時代には、こんなことになろうとは誰も予想出来ませんでした。カメラメーカーが家電メーカーにカメラ事業を譲渡、んなアホなことあるかいな、と。

この流れで今度はオリンパスが松下に、ペンタックスがサムスンに・・・・なんてことにはならないでしょうねぇ。ニコンの銀塩大幅縮小に続いて何とも悲しいニュースが続きますね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

SONYの出井さん

8月号のアサヒカメラの連載記事、「あの有名人のお宝カメラ」でSONYの出井伸之氏のインタビューが掲載されていました。初めて知ったのですが、出井氏は相当の写真好き。早稲田在学中は写真部に所属していて、写真の道に進むことも考えていたとのこと。愛用しているというフジTX-1で撮影された写真が5枚掲載されていますが、どれも素晴らしい作品です。

出井氏は、銀塩の良さは“コントラスト”であり、デジカメはまだ追い付けていない、銀塩のコントラストを開発の目標にしている、と言っています。フィルムメーカーが目指しそうな目標を、あのSONYが持っているということは少し驚きです。

コニカミノルタがSONYと提携してデジタル一眼レフを開発するというちょっとした衝撃的なニュースに、やはり一部のユーザーは懸念を示しています。私もその一人に入るかもしれませんが、経営のトップである出井氏が写真好きであるということで少し安心しました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニカミノルタ+SONY

ソニー、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラに参入~コニカミノルタと共同開発
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/07/19/1947.html

【解説】コニカミノルタとソニー、デジタル一眼レフ共同開発の狙いと背景
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/07/19/1950.html

何ともショッキングなニュースです。というわけで図らずも本日2回目の記事投稿です。αSweetDの発表は「想定の範囲内の」発表で大きな驚きはありませんでしたが、こちらは驚きました。エイプリルフールだっけ、と一瞬考えてしまうほどです。

家電メーカーとの共同開発と言えば、松下とオリンパスも共同開発真っ最中だと思います。しかしオリンパスは新マウント(フォーサーズ)であり、また、メーカーとしてしばらく一眼レフからは離れていたこともあり、個人的には「ふ~ん」程度でした。しかし、今回違うのはαマウントをそのままに他社が参入するということです。なんせ、軍艦部にSONYと刻印された一眼レフが発売され、そしてそれはαマウントなのです!135mmSTFでとろけるようなボケ味が堪能出来てしまうのです。SONYのカメラで・・・。

と、素直に喜びたい反面、家電メーカーが一眼レフを発売するということに抵抗というか違和感を感じてしまうのは、単に私が頭の堅いカメヲタだからでしょうか。(笑)もちろん製品としてSONYやPanasonicのデジカメがカメラメーカーと比べて著しく悪いということはないワケですが、「所詮は家電メーカーでしょ」というような先入観があります・・・。でも最近量販店店頭で目が行くのは家電メーカーのカメラが多いという事実。

一体、どんなカメラが完成するのでしょうか。期待して発表を待ちたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿賀野川フォトコン

aga

「新緑のステージ」 ■α-7DIGITAL タムロンAF28-75mmF2.8XR

以前もアップしましたが、この阿賀野川の写真(撮影地:阿賀野市・水原)が阿賀野川フォトコンテストのデジタル部門で入選しました。というわけで、表彰式に初めて受賞者の立場で参加してきます。(笑)

ところで、この手のフォトコンテストは、応募時はプリントのみで受け付け、入選した場合は主催者にネガやポジを提出するケースが多いようです。デジタルの場合は当然画像データそのものを提出、ということになります。理屈としては分かるのですが、データそのものを提出するのは多少の心配があります。

今回応募したプリントはインクジェットで出力したものですが、納得のいく色が出るまで調整→プリントを繰り返しました。恐らく数十枚はプリントしたのではないかと思います。特に新緑の写真はくすんだ色では魅力半減どころか魅力ゼロになる危険がありますので、なおのこと色合いには注意しました。しかしデータを渡しますと、そのデータをそのまま印刷に使用するわけで、そうすると果たしてどんな色で印刷されるのか想像が付きません。応募したプリントを色見本として印刷してくれれば良いのですが、そこまではやってくれない気がします。まぁそこまでこだわるほどの作品じゃないだろ、と言われば返す言葉がありませんが....。もちろん喜んでデータはCD-Rに焼いてきっちりお渡しします!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コニカミノルタが・・・・

s-0329

■α-7DIGITAL AF24-105mmF3.5-4.5(D)

コニカミノルタがフォトイメージング事業を2008年までに40%縮小すると発表しました。今後、カメラ関連は「高付加価値製品への絞込み」を行うそうです。デジタル一眼レフに集中、と考えて良いと思います。デジタル一眼レフに集中するなら、早くマトモなレンズを出して欲しいモノです。今年の夏から秋にかけて発売予定の新レンズ(DTレンズ)はまたもタムロンのOEMということで失望感が広がっています。コニカミノルタならではの特徴的なレンズを出していく、と公式発表していますので、まぁ少しは期待していても良いのかもしれませんが、35mmF1.4Gを初めとする代表的なレンズが次々と生産終了していく事実を考えると、とても期待感は沸いてきません。α-7DIGITALに「待ってました!」とばかりに飛びついたユーザーの期待を裏切ることだけはして欲しくないと切に思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンベニーゴ

ヨドバシカメラ新潟店の銀塩カメラ売り場が、どんどん分かりにくい場所に移動してしまい、その度に面積が狭くなり寂しい思いをしていたのですが、先日行ったところまた場所が変わっていました。今度は、今までテレビ・AV機器売り場だったB館がカメラ売り場となりました。銀塩だけでなく、デジタルカメラも含めたカメラ総合売り場となったようです。ただメインはやっぱりデジタルカメラで、銀塩は端っこのほうに控えめに陳列されていました・・・。まぁどこのカメラ店も状況は同じでしょうね。

ヨドバシはかなり頻繁に売り場の大移動があって、久し振りに行くとキョドってしまうのですが、移動する店員達も大変だろうと思います。フィルムが並んでいる冷蔵ショーケースなんて、特に移動は大変だろうなぁ、と想像されます。きっと通常より早く閉店し、朝の開店時間までに移動を完了させているのだと思います。ちょっと裏側を見てみたいなぁと思いません?手伝いはしたくないですが・・・。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)